いとしの革小物たち ハンドメイド レザークラフト Aster*isk


by 革り小物 Aster*isk
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

About the color 色の見え方、見られ方

ある時、オーダーメイドのやりとりの中で
「クレヨンのような茶色で」とお客様に頼まれたことがあります。
クレヨンにも色々あるわけですから、色見本を送り決めてもらったところ、
私が想像していた色とは違うものを選ばれたのです。
このようなとき基本的には、色見本帳を参考にしてもらったりもするが、
フルオーダーだとそうはいかないこともしばしばです。
そんな時は、なるべく相手が伝えようとしていることを
忠実に探ってみたり、想像してみたりすることもあります。

「○○みたいな○色」というような伝えかたがよく出てくる。
○○みたいな、○○っぽい、○○のようななど。
つまりは抽象的で断定されていないというところがポイントだ。
黒、白、赤などの単色でも様々で、そこに艶あり、
艶なしなどの質感が加わると更に見え方に違いが出てくる。

では、なぜ人によって見え方が違ってくるのでしょうか。
それは住んでいる風土、環境、人種、風習の違いといった影響もあります。
例えば海外の映像を見ても空気感が違うと感じたことはないですか。
あれはその土地の気候や湿度が関係し、フィルター越しに違いを感じて見えるのです。
欧米の乾燥した気候では空気が澄んで遠くのものまでハッキリと見えたり、
アジアの高温多湿の気候では、しっとりした空気感で色の見え方が変わる。

それから人種によっても色の見え方に違いがあるかもしれません。
一番特徴的なのが、目の色です。
極端にいうとカラーコンタクトのように薄い色付きのフィルターがあるようなものですから、
茶色の目の人や青い目の人とでは、同じものを見ていても感じかたに違いがあるかもしれません。

それから、色の名前もその土地の風習によって、多種類に富んでます。
その国の伝統色というものがあり、日本には470色以上の伝統色があるといわれています。
日本にしかない植物や生き物、食べ物の色の名前があります。
例えば、抹茶、さくら、小豆色など。

海外でも面白い表現の色の名前があります。
色の名前でも文化を感じます。
香港でバッグを見ているときに店員さんに
「オイスター色」といわれてピンときませんでした。

色の見え方、見られ方というものは、
人間にしか感じることが出来ない五感を通しての色彩感覚。

色に対する感じ方を大事にしている人は、繊細で表現力も豊かなのかもと思いました。
色って本当に奥深く、話は尽きないから面白いですね。

以上、あくまでも個人的な見解で、実際はそんなに大差はないもしれませんのでご了承ください。

About the color

One day, in a discussion with the customer
Have you ever been asked "in brown crayon-like."
Where I had decided to send a sample since we also have various colors in crayon,
Was chosen customers is something different from the color that I had imagined.

Basically, it can also get a reference to the color swatches such a case,
It often does not go along with it full order.
I will be trying to convey as much as possible such a faithful,explore and imagine.

How to tell "like color --" like that will come out often.
"-- like" "looks like --" "such as --" etc.
That is You have not been determined in the abstract something,that is the point,

Varied in monochromatic black white and red
None glossy or glossy there come there is a difference in the appearance, such as texture is applied further.

So why do I have how to see that unlike some people.
It is partly due to differences such as climate have lived, the environment, race, customs.
Do not you ever feel a sense of air and watching the video is also different abroad for example.

That climate and humidity of the land is concerned, it is look and feel the difference over the filter. In the dry climate of the West it can be seen clearly in the air to distant objects clear
The climate is hot and humid in Asia the appearance of the color changes in the sense of moist air.
There may be a difference in the appearance of the colors and then also by Interracial.

The most distinctive is the eye color.
Because it's like there is a thin colored filters like color contacts and say
In people with blue eyes and brown eyes, there may be a difference in how to feel even if they see the same thing.

And then by the customs of the land rich in the name of the variety.
It is said that there is a thing called traditional colors of the country there is a traditional color and 470 colors or more in Japan.
There is a name and in plants and creatures and food not only in Japan.
For example, green tea cherry, and Azukiiro.

There is an interesting representation in the color name abroad.
I feel the culture in the name of the color.
When I have seen the bag in Hong Kong,
The clerk said " Oyster color"I can not imaged.

How to see the color thing it is seen how
Sense of color through the five senses that can not only humans feel.

I think have to take care of how to feel for the , and in rich power of expression may be delicate.
Interesting is really deep do not run out of the story.

Above, in the personal opinion only, Please note that there is no great difference may not so much in practice.
by consense | 2012-10-21 23:30 | その他