いとしの革小物たち ハンドメイド レザークラフト Aster*isk


by 革り小物 Aster*isk
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
自分で作る革小物講座は、

革小物に興味のある方に
まずは手始めに簡単なものを短時間で作ってみましょうという企画から立ち上がり
不定期ですが、ずっと続けています。

最近は、その方のご都合にあわせて予約を頂き、
作りたいものをお時間やご予算にあわせてということまで
何なりと受け付けております。

今回は、新工房になってから、4回目の講座。
これまではちゃんとした画像もなかったのですが、
ちょっと今日は余裕があったのか、お店の営業しながらも
きちんと画像頂けました。

とは言っても参加者は皆さん、初心者。

どのようなものが作りたいかをお伺いしながら
材料や型紙を用意していくのですが、
不安とちょっぴりの緊張感が伝わるほどでした。

慣れない作業に真剣そのもの。
e0159037_015148.jpg


予定時間をちょっと押し、それでもなんとか完成した
ペンケース二点とIDケース。
おひとりの方はご主人へのバースデープレゼントということでした。
e0159037_017193.jpg


それから以前の作品ですが、
彼氏へのプレゼントにおそろいのIDケースを制作された方も。
その優しい気持ちにホッコリしたり。
(ちょっとうらやましいですが)

持ち込みの革で何かを作りたいという方や
壊れたバッグをアレンジして使えるようにしたいなど。

いろんなご相談はありますが、できる限り形にしていけたらと思っています。
[PR]
# by consense | 2013-05-14 00:22 | イベント・ワークショップ
この一か月、工房に併設の雑貨店の営業をする傍ら
オーダーものの製作にも着々とこなす毎日ですが

なかなかうまく前に進めなかったロングウォレットの完成がようやく見えてきました。

革とカービングの相性。
革と染色の相性。

どれも合致しないと
納得のいく作品は産まれません。

効率よく量産加工や分離発注なら
妥協案もあるかもしれませんが

こればかりはしょうがない。

「よしっ!」と思えるまで
何度やり直してしまったことか。

それでも任せてもらったからには、
手にする方の個性も考えて

その人らしさを最大限に演出させてもらいました。
e0159037_2353163.jpg

コードバンからこげ茶へのグラデーションとカービング部分が浮き上がるような
イメージの仕上げ。
e0159037_23535675.jpg
e0159037_23543021.jpg


ちょっと気合い入れすぎて
しばらくウォレットはいいかなと思えるほどでした。
[PR]
# by consense | 2013-05-13 23:58 | 小物

爽やかブルーのトート

日差しが新緑をますます濃くするうれしい午後。

オーダーを根気よく待って頂いた方がお店に来店。
イメージ通りの出来上がりにとても喜んで頂きました。

持ち手短めなのに、容量大きめ。

爽やかすぎるくらいのムラ染めのブルーは
彼女の一目ぼれ。

革の色からイメージして
ご希望の形に製作。

今日の服装のボーダーにイエローのスキニーの彼女が
手にした瞬間、パッと顔色が明るくなる程の一体感。

e0159037_2352151.jpg


少し前に気にいってお買い上げ頂いた、同じブルーのペンケースも大好評でした。
e0159037_23532626.jpg


「このブルーは気分を明るくしてくれるの」だって。

そんなことを笑顔で語ってくれると
心から製作させてもらって良かったなぁとつくづく思うのであります。
[PR]
# by consense | 2013-04-17 23:59 | バッグ
春にお財布を新調すると縁起がいいと最近、関西地方では言うようですよ。

『春財布』=『張る財布』=お財布の中身が張る…

(ダジャレじゃないか…)

とにかく今年の風水的、金運アップのアイテムは
革のお財布。
特に、茶色の革でファスナータイプの長財布は、
お金の貯まる形だそうです。


そんなことをオーダー頂いて納品してから
こちらのお財布がビンゴだったことを知ったというから
私もワタシです(笑)

今回のオーダーいただいたお財布は、
大切な方へのお誕生日プレゼントに。

大人の男性が、使い込むほどに
味わいがますようなエイジングを期待して。

ツーリングレザーのヌメ革にカービングを施して、
柿渋染めで仕上げてみました。
e0159037_2346989.jpg

カービングの反対側は、グリーンの革で切り替えし。

e0159037_23463593.jpg

その後、普段使いのところも激写して頂きました。

年齢とともにしっくりと革も人肌のような温度感で
いい味わいになっていくことを楽しみにしております。


e0159037_2348324.jpg

それにしても…かっこいいです。
[PR]
# by consense | 2013-03-24 23:53 | 小物

バケツ底バッグの底力。

昨年末から依頼を頂き、なかなか取りかかることが出来なかった
オーダーバッグがようやく完成しましたのです。

ようやく…。

根気よくお待ちいただけた事だけが
救いでした(笑)

革り小物のマスター素材の
ラティーゴのヌメをずっとかわいがってくれている
お客様から、プレゼント用にとのオーダー。

お持ちの合皮のトートバッグが使いやすく
同じタイプでオイルレザーをとの依頼でした。

形や仕様こそ同じでも
そこは、らしさをちょっとでも出したくなるじゃないですか。

私の良くて悪い癖。
らしさを出すのは得意ですが、

今あるバッグを型から立体を起こすという
コピー作業なのに
ちょっとため息でる工程でした。

(パタンナーに敬礼!)

そして、出来上がったのは、こちら。
e0159037_10322220.jpg
e0159037_10324332.jpg


バケツ底の玉縁までオイルレザーでね。
小ぶりに見えても大容量。
レンガを入れても大丈夫!?

e0159037_10331028.jpg


お渡しの時は、
「プレゼントするのが惜しいほど」とのお言葉に
作ってよかったなと。

私も欲しいくらいですww

でも、自分にこの手のきちんとしたものを
作れるのは、いったいいつになるんだろうか。

e0159037_10354562.jpg

早くもこのバッグのエイジングされていく様子を妄想するのでした。
[PR]
# by consense | 2013-03-07 10:39 | バッグ

ようこそ。working pochette

男女問わず、仕事に打ち込む姿って美しい。

颯爽と軽快に。
仕事道具も機能的に使いやすく。

今回のオーダー頂いた
ワーキングポシェットは、

定番アイテムの“お散歩ポシェット”が原型。

とはいえ、サイズ・仕様・素材など
すべてがカスタムメイドです。

黒の牛床革・ヌバック・スエード・チョコ色のの半艶仕上げも
それぞれ違う色目でもしっくりまとまっています。

このカラーをチョイスされたお客様のセンスに
さりりげなく脱帽。

e0159037_10112772.jpg

(こちらちょっと休憩中…)

e0159037_10122133.jpg

(そして、さらに寝ころび、シエスタ中)

e0159037_1015128.jpg

(あ~、もう仕事だけでなくoffの時にも)

仕事に戻って、ビジネスライクな服装であっても
違和感なく、邪魔にもならず、あなたのお仕事をサポートしますよ。
[PR]
# by consense | 2013-03-07 10:21 | バッグ

うれしいお便り

オーダーバッグを依頼される方は、別の方へのプレゼントとしても
依頼されることもあります。

以前、山羊川革の手染めのトートバッグを納品させて
頂いた方からご使用感などの感想とともに
画像を頂きました。

e0159037_23165429.jpg


なんていうことでしょう!
私と同じく紫同好会のメンバーの方かと(笑)



遠く離れたところで、大活躍してくれているそうで
本当に嬉しい限りです。
[PR]
# by consense | 2013-02-25 23:22 | バッグ

作業場から工房へ。

今年に入り、あっという間に二月も終わろうとしていますが、
うれしいことに次々に制作依頼を頂いております。

そんな中、自宅作業場が荷物で圧迫され
危険な状態だったので、
近くに小さな工房を持つことになりました。

まずは、作業場から工房への移転をして、
併設の小さな店舗で、雑貨店を開業することになりました。

革り小物 Aster*isk の小さな工房と
craft works :[CONSENSE]:


3月末にオープン予定です。

場所は東急田園都市線 用賀駅から徒歩4分の
住宅街の中です。

以前からオーダーの革小物の打ち合わせや
実際に商品を見ていただく場や
気軽にできるワークスペースがあればなって
企んでいたのです。

新しいことを始めるのには、その考えている以上のエネルギーが必要な私です。
知らないうちに痩せこけていることでしょう(笑)

ともあれ、周りにいる方々に本当に恵まれているので、
甘えっぱなしにならないように。

気を引き締めて、笑顔勝負で参りますm(_ _)m
[PR]
# by consense | 2013-02-25 23:11 | イベント・ワークショップ

あたらしいディスプレイ

2月より新たに、革り小物 Aster*isk の商品を
展示販売させていただくことになったお店の紹介です。
e0159037_1712997.jpg


サンハイド・ジョーズ修理様にて、
こちらは、カバンや靴などのリペアの専門店で、
修理依頼のお客様でいつも賑わっております。

お店にお越しのお客様、地元の皆様、
より多くの皆様に革り小物を知っていただけたらと
オーナーのご厚意でディスプレイをさせて頂きました。
e0159037_1775263.jpg


駅からは近いので、お近くにお越しの際は、お気軽にお立ち寄りくださいね。

確かな腕の職人集団の確実な仕事。
お困りのバッグやカバンもお気軽にご相談下さい。

サンハイド ジョーズ修理
東京都荒川区西日暮里5丁目34番12号
電話 03-5615-3668
営業時間
平日 10:00~19:00
土日祝日 13:00~18:00
定休日 木曜日
西日暮里駅(JR・地下鉄千代田線・舎人ライナー)より徒歩二分
[PR]
# by consense | 2013-01-24 17:14 | イベント・ワークショップ

1月のワークショップ

1月はいく。
2月はにげる。
3月はさる。

そんな風にも言うんだよと
人生の先輩に教えて頂きました。

行ったり、逃げたり、去ったりをするほど
周囲の動きが目まぐるしいというこの季節。

あたたかな室内で、
ゆったりとした気持ちで、
美味しい珈琲とお菓子を頂きながら
ホッコリ楽しいトークセミナーがありました。

camhortree の三記さんのフロシキワークショップは朝から人が絶えず、

ちょっぴり奥の深いフロシキのお話は盛り上がり
最後はニットカフェのかわいい毛糸が包みの中にすっぽり収まり、
そんな瞬間にほっこりしてしまいました。
e0159037_21452572.jpg


私はそんな店内の片隅で
これまたゆっくりとマンツーマンのワークショップをしておりました。

e0159037_21484538.jpg


長い手縫いの道のりも、
想像以上の良い仕上がりに
思わず作り手の方もにっこりされた様子が嬉しかったです。

こちらの赤茶色のパリッとした牛革は珍しい仕上がりです。
風合いが珍しくて気に入っていただいた皆様有難うございます。

今回のをもちまして在庫がなしとなってしまいましたので、
どうぞご了承ください。
[PR]
# by consense | 2013-01-21 21:57 | イベント・ワークショップ
鏡開きも終わり、成人式に節分と迫る行事が目白押しですね。
2月のイベントと言えばバレンタインではないでしょうか。

このイベントが近づくと小学生の頃の淡い思い出が甦ります。

さて、2月の自分で作る革小物講座のお知らせです。

ヌメ革のIDケースを手縫いで仕上げて
大切な方へのプレゼントにいかがでしょうか。

会社の名札や学校の入校証にもさりげなくて素敵ですよ。


e0159037_1751529.jpg


日時:2月4日(月)午後13時~15時半
費用:@3200(材料費・お茶菓子付)
場所:珈琲処 錘(世田谷区用賀・田園都市線用賀駅)

e0159037_1756273.jpg


女性から男性へ。

男性から女性へ。

お世話になったあの方へ。

お申込みはこちらのフォームから。
ご質問などもお気軽にお問い合わせください。
[PR]
# by consense | 2013-01-12 18:06 | イベント・ワークショップ
世間はクリスマスムードもピークですね。
そして私にクリスマスは無縁です。何故か毎年仕事に追われてます。
このままいっきに仕事納めに向かってます。

というのも12/27~1/4まで冬季休業を頂きますm(__)m

一年の垢と疲れを落としに行ってきまーす(^_^)

さて、この一年を振り返り、革り小物 Aster*isk として
今年を表す漢字一文字を考えてみました。

《 感 》

感謝の感に尽きます。

年頭から止まることなく順調にオーダーを頂いたり
お店に商品を置かせてもらえたり、
アートフリマで出会った作家さんたちとのコラボ企画やイベントなどや
同業種の方々や諸先輩方とのご縁など。

作品展に応募して賞を頂いたりと本当に実りある一年間でした。

すべて皆様のおかげ以外の何ものではないと感謝のしようがありません。

そして年末ギリギリにブックレットが完成致しました。
e0159037_23284231.jpg

お世話になった皆様にこの一年にお礼の気持ちを込めて、
きちんとしたものを作りたかったのです。(順次DMさせて頂きますねm(__)m)

一人での制作活動は、すべて自己責任だということと
公私の区別と両立が歯がゆいくらい大変でしたが、

悩んだときは、肩をたたき、笑い飛ばしてくれてる
仲間や友人の有難さや家族の支えのお陰で
どんな時も不思議と前向きでやって来れました。

革小物への熱い思いと探究心は止むことはなく
次への目標にむかっっている最中ですが、
いやぁ~、これも山あり谷ありで日々鍛えられております。

まだまだ未熟者の修行中の身ですが、より一層
革り小物をご愛顧下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

この一年、ご縁あって出会えた皆様の
益々のご健勝も心より祈っております。

有り難うございました。
[PR]
# by consense | 2012-12-22 23:55 | その他