いとしの革小物たち ハンドメイド レザークラフト Aster*isk


by 革り小物 Aster*isk
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

made for you なバッグ

何かを創るときには、そこには何かの物語があるんです。
e0159037_223749.jpg

今回のオーダーは、
彼女へのクリスマスギフトにと
バイト代を貯めてやってきた高2男子。

想いのこもった初めてのオーダーメイド。

そうなると私も姿勢を正し、腕まくりするしかないです。ねっ。

初めてといえども
作りたいもののイメージがきちんと固まっていたので
分かり易かったのですが、
知らない人が使うものを作るということには、
何度やってもなかなか慣れないので、そこは依頼人の彼の人柄重視で
製作してみました。

「肩から提げた時に重くないような薄手の革で優しい茶色、
ワンポイントになるようなカラーステッチと内部のポケットは…」などなど。
e0159037_2213675.jpg



一生懸命彼女のことを考えているのがこちらにまで良く伝わりました。
e0159037_2222857.jpg


そんなこんなで、納品当日喜んでバッグを持って帰った
彼らのクリスマスイベントがどうだったかなんて妄想する暇さえもなく
私はサンタさんの工場の小人のようにせっせと次への製作へと取り掛かるのでした。

何かを創るときには、そこには何かの物語があるんですね。
微弱ですが、
そんな小さな物語のお手伝いをさせてもらってるような気がしました。
[PR]
# by consense | 2013-12-31 02:26 | バッグ

働く道具入れたち

暦は小雪から大雪へと日に日に寒さが増してきた今日この頃ですね。
大物のバッグのオーダーが続いたあとは小物のバッグや革小物のオーダーが続いています。

e0159037_11153865.jpg

美しい艶が引き立つ馬革のクラッチバッグ。
用途によってはA4のファイルも入る優れもの。
片手にクラッチバッグを持って颯爽と風を切るような出来る女のイメージで製作しました。

e0159037_11191999.jpg

こちらはナチュラルなオイルレザーのヌメ革を使用したシザーケース。
先日納品した刷毛目のシザーケースと一緒に製作しました。
e0159037_11215191.jpg


こちらは、建築士であり家具職人の方からの道具入れ。
e0159037_11231146.jpg

現場での耐久性を一番にしっかりとした造り。
厚みのある床革を使用してみました。

e0159037_11242293.jpg

こちらは以前にPCケースをご依頼頂いた方より、PCアクセサリーを持ち歩くための
小物入れ。バッグスキンの巾着とウッドビーズの留めパーツがネイティブな印象です。

e0159037_11292625.jpg

白い長財布は男性がご使用ということ。
ブルー系のステッチがアクセントに。

その他、今はバッグのセミオーダーやベルトの制作が今は続いています。
こんなのが欲しいというご要望に精一杯お応えできるように
さっ!今日も頑張りますよ。
[PR]
# by consense | 2013-11-28 11:25 | 小物
すっかり11月ですね。駆け足で12月もやってきそうな予感です。
さて、革り小物 Aster*iskでは、定番のスパイラルブレスを
お好きなカラーでカスタムオーダーできる
11月から12月限定の企画を実施しております。
e0159037_11424391.jpg

定番アイテムでは、ナチュラル・チョコ・ディープブルーの3色展開。

e0159037_1142490.jpg

それに加えて今回!!
レッド・グリーン・オレンジ・パープルなどなど…。

すでにスパイラルブレスをご愛用のユーザー様も
いつもと一味違ったカラーで、
手元を華やかにしてみませんか。
長袖の上からの重ね付けもオシャレにキマりそう。

もちろんペアで。仲間同士で。ご家族で!?

冬のギフトにも素敵です。

タンニン鞣しのオイルレザーに線彫りを施し
ハンドペインティングにて仕上げております。
芯材にはステンレスの針金を使用していますので、
留め具なしで、腕に絡まってくれます。


全長約60cm 幅10mm
価格は定番と変わらずで¥3,000(税込)送料別途
メールにて お気軽にお問い合わせ下さい。
[PR]
# by consense | 2013-11-05 11:46 | ブレスレット

贅沢なエコバッグ

定番アイテム“レジ袋のような革袋”のセミオーダーが最近じわじわと人気です。

価格も素材も1ランク上の“エコレザー”(※)を使用したもので、
(価格は定番アイテムの2倍ほどしてしまうという上物です(苦笑)

e0159037_2324422.jpg


上質なシープの手触りはしなやかで、なんとも言えない温もりのある質感です。
e0159037_23281026.jpg


思わず触ってしまいたくなるようなディスプレイに誘われて、
うっかり触ってしまったお客様は、「おぉっ!」とよく声を挙げてらっしゃいます。

定番の“レジ袋のような革袋”は、薄手の仔羊革のスウェードで、
地味目のカラー展開ですが、こちらのエコレザーのカラーはどれも優しい色目で
人気なのも納得です。


e0159037_2335277.jpg

定番サイズと比べて、女性は大きめ、男性は小さめを選ばれる傾向がありますね。

革の色、ステッチの色、サイズなどセミオーダーもお受けしておりますのでお気軽にお問い合わせください。
ちょっと贅沢なセミオーダーのエコバッグとしていかがでしょうか。

※エコレザーとは。
製造・輸送・販売・再利用の過程において環境負荷を減らすことに配慮し、
環境面への影響が少ないと認められる革材料のことを指しています。(「日本エコレザー基準(JES))
皮膚断面繊維構造を損なわない革に限られ、再利用においても革の機能を損なわないことが前提。

日本エコレザー基準(JES)の主な認定要件は、
・ 天然皮革であること。
・ 排水、廃棄物処理が適正に管理された工場で製造された革であること。
・ 臭気、化学物質(ホルムアルデヒド・重金属・PCP・禁止アゾ染料・発がん性染料の使用制限)および染色摩擦堅ろう度に関する一定の基準を満たしていること。

(日本エコレザー基準認定実施ガイドライン参照)
[PR]
# by consense | 2013-11-01 10:30 | バッグ

users snap!

使い込むうちにいい味わいの出てくる革素材。
ユーザー様のスナップです。
e0159037_159020.jpg
e0159037_1591751.jpg
e0159037_1593177.jpg
e0159037_1594685.jpg
e0159037_1510665.jpg
e0159037_15101981.jpg
e0159037_15103778.jpg
e0159037_15105732.jpg
e0159037_15111585.jpg
e0159037_1511351.jpg
e0159037_15114958.jpg

[PR]
# by consense | 2013-10-30 15:12 | ギャラリー

秋冬向けのバッグ

こんにちは。10月は天気がすぐれない日が多くて、雑貨店の営業をしつつも
オーダーものの制作がおかげではかどりました。

深まる秋とともに革バッグも映えますよね。

広島からのオーダー。子育て中のママもイクメンのパパもオシャレに決まるドデカトート。
e0159037_13523457.jpg

こんなにも大容量のバッグならどんなに荷物が多くても心配いらず。
e0159037_13531746.jpg

こちらは卸として、アパレル店への特別オーダー。
こんなに大きいのに薄くて軽いので人気者です。
e0159037_135496.jpg

黒×赤が個性を主張。ICケースつきです。リピーターの方からのオーダー。
e0159037_1355126.jpg


バッグ以外の革小物も画像をアップしたいのですが、
まだ未納品なので、またそのうちに。
[PR]
# by consense | 2013-10-30 14:06 | バッグ
こんにちは。この夏の暑さに負けてブログの更新をすっかり後回しにしておりました。

7/15アロマプロジェクトというイベントでの出張ワークショップへ行ってきました。

埼玉県の浪江町から一時的に埼玉へいらしてる皆さんとの
ふれあいは私にとっても貴重な時間となりました。
e0159037_1646996.jpg

当日はIDケースを半完成品のキットにして準備。
革の色を選んで仕立てに入るわけですが、
約15名分のキットはあっという間になくなり、
早速実践へ。

革小物作りは初めてというお子様から大先輩まで。
皆さんの集中力と手際の良さに脱帽でした。
e0159037_16512597.jpg


出来上がったIDケースの集合写真は圧巻で、
仕上がりは4色の革の組み合わせでもまったく違った表情でした。
e0159037_16532559.jpg


ボランティア活動を通して知り合った主催者側の小林さんの
ブログです。
今回の様子やそのほかのいろんな活動の様子が載っています。

小林さん、貴重な機会を頂き有難うございました。

それから恒例の小学校でのワークショップの様子です。
夏休みの後半。暑さ厳しい中、沢山の小学生が集まってくれました。

今年は去年の半分の30名の準備でしたから難なく挑めました(笑)
e0159037_1656363.jpg

型抜き機を使ったレザーのキーホルダー作りです。

自分の分が終わると余った端革で思い思いのイメージで2個目に挑戦する子や、
低学年の子に優しくやり方を教えてくれる高学年さんたちに
かなり助けられた私でした。

学校関係者の皆様、ありがとうございましたm(__)m

出来上がった作品はどれもカラフルで個性的。
子供のイマジネーションって何も口出ししない方が
絶対面白い!
e0159037_1701012.jpg


そんな発想の豊かさと感性を少し分けてもらえた気がします。

7月から8月はこの大きなワークショップ以外にも
ご自宅へ出向いてのリペアのワークショップや
お店でも革紐アクセサリーや四つ組みの即興講座で盛り上がりました。
[PR]
# by consense | 2013-09-20 16:40 | イベント・ワークショップ
バッグや革小物をオーダーされる方は、いろんな理由でオーダーを頂きます。
お気に入りのバッグが古くなったので、この形で新しくしたい。
前からこれだっていうものになかなか出会えない。

例えば…、
いつも頑張っているあの方へ。
e0159037_23345118.jpg


特別な道具を収納するケースを。
e0159037_2344168.jpg


お出かけ用のバッグを新調したい。
e0159037_23471439.jpg


大切な家族への記念のプレゼントに。
e0159037_23464967.jpg


普段使いに自分仕様のものを。
e0159037_2352571.jpg


元気の出るカラーのバッグを持ちたい。
e0159037_23525746.jpg


沢山の荷物が入る大きなバッグを。
e0159037_23535081.jpg


自分らしい個性的なバッグを。
e0159037_23564192.jpg


などなど。理由は様々ですが、

定番アイテムやオーダーメイドでも
ショップにお越しのお客様やHPからお問い合せのお客様も
そこには いつも素敵なストーリーがあります。

最近のオーダーものを駆け足でご紹介させて頂きました。
住宅街の中の雑貨屋兼革工房は、オープンして間もなく5か月。

当初は一人ではキャパオーバーでしたが、
ショップやオンライン、工房もアシストしてくれる仲間の助けもあって
お客様にもスタッフにも友人にも家族にも
すべての人に感謝の毎日です。

作るのも大好き。
接客も大好き。
なかなか両立が難しい。
それが悩みの種ですね(笑)
[PR]
# by consense | 2013-08-12 00:10 | バッグ
グラデーション。
段階的、時間的における変化のさま。

例えば、
静寂な夜が明け、日が昇り新しい一日が始まろうとする頃。
夕陽が空を染め、徐々に夜への時間へとうつりゆく様子。

単色ではなく、中間色が幾層にも重なって織りなし、
わずかながらに変化いていく色彩変化の過程と
視覚効果のスパイラル。

はっきりとしない不安定感と
あいまいであることの安心感。
自分も革も変化の途中。
経年変化を楽しみながら育てていくという発想。

グラデーションカラーのロングウォレット
“by gradation” の誕生です。
e0159037_9531936.jpg


外装はタンニン鞣し牛革を丁寧に時間をかけ、
表現したいグラデーションになるように施された手染めによる染色加工。
e0159037_9541198.jpg


内装は同じくタンニン鞣しの色牛を厳選して使用。

e0159037_955081.jpg

サイズ約w90*h183*d30
カードケースは両サイドあわせて 6枚収納。
コインケースはファスナータイプ。
手縫いによる仕立て(一部ミシン仕立)
革の断面(コバ)の仕上げにもこだわりました。
e0159037_10274995.jpg


オプションで外装と同じ
グラデーションのウォレットロープもご用意できます。

外装のグラデーションは2カラー。
落ち着きのあるブラウン系と
深みのあるレッドタン系です。
e0159037_10224266.jpg

e0159037_102258.jpg

どちらもマットな艶が美しいです。

本物のハンドメイドの革小物を
男女問わずに長く愛用して頂ける
逸品です。


Gradient.customers of the change to be able to put step-by-step, in time.
For example,When I quiet night dawn, a new day is about to begin day rise.
How the setting sun is dyed the sky, the changing to the time of the night gradually.
Rather than a single color, and weave neutral colors overlap also several layers,and the process of color change that will have changed slightly,spiral of visual effects,
and unstable feeling you don't want to clear sense of security of being ambiguous.
I also leather also the way of change.The idea of nurturing while enjoying aging.

Long wallet gradient color
It is the birth of "by gradation"

Exterior over time carefully tanned cowhide and tannin,The dyeing and finishing by hand dyeing that was given to be the gradient you want to express.The decor is used in carefully selected color of tanned cow tannin as well.About size w90 * h183 * d30
Card Case Holds 6 pieces to suit both sides.Coin case is a fastener type.The sewing by hand-sewn (some sewing machine sewing)I was particular to finish cross-section of the leather.The same as the exterior optionI can also offer wallet rope of the gradient.
Gradient exterior color 2.Brown and the presence of mind.It is Reddotan system with the depth.Luster mat is beautiful both.

The leather accessories handmade genuine,You can use habitually for a long time in both men and women.Is a gem.
[PR]
# by consense | 2013-07-14 13:30 | 小物

個性が光るコンテパッド

同じデザイン、同じ顔。
同じようで同じでない。
十人十色。

でも一台ずつ使う人のイメージで分けられた絵コンテパッド。
e0159037_456418.jpg

それぞれの革の特徴も引き出した仕上がり。

絵コンテパッドは、書類をケースにクリップ止めして、
撮影などの進行状況を打ち合わせできるようになっています。
パッドの中に書類を収納して三つ折りにすると
ちょうど長財布のようにコンパクトに。
ペン挿しと名刺入れもあります。

ズボンのポケットにパッド入れると作業の邪魔になりません。

革の色とスッテチのカラーが変わるだけで
こんなにもそれぞれの個性が違った仕上がりになっています。
外革と内革の色の切替しでさらに違った表情に。
e0159037_4574438.jpg

オーダーが完成し、それぞれを並べて眺めた時に、
使う方の感性までも想像させられるような。

改めてお客様の選ばれた色の組み合わせに
作り手としても大変勉強になりました。

e0159037_542944.jpg

[PR]
# by consense | 2013-07-11 10:30 | 小物

黒革の旋風の予感です!

人気の“紙袋のような革袋”に
ニューカラー、ニューサイズが登場します!!!!!

その名も
“小さめ紙袋のような革袋・ブラック”です。

見た目も中身も誰にも文句を言わせないシンプルさ。
e0159037_10132161.jpg
 

サイズも定番のA4大のタイプよりもすっきり小さなw15.5*h22.5*d75
e0159037_10134899.jpg


そして、本体の黒を引き立てるような赤いステッチ。
e0159037_1014960.jpg


最近こんなご要望が多いのです。
長財布とスマフォと鍵と…。必要最低限でいい。
そんな時にグッとタイミングで生まれた新作。

フェースの渋さは、老若男女問わず。
とてもクールな逸品です。

今まで染色での仕上がりが安定せず、
カラー展開を断念していたところに運命のカラー、黒との出会い。

薄手の豚革の最もパリッとした部分を厳選して使用した本体はまるで紙袋。

いかがでしょうか。

こちらは限定カラーとなりますので、
おっと思われた方は、お気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせフォームはこちら
※今回は先行的にブログのみでご紹介し、予約販売からスタートしてみました。
まだオンラインショップには上がっておりません。


価格は、定番サイズと変わらず
3500円(税込・送料別)となっております。


黒革の旋風の予感がゾクゾクします。
[PR]
# by consense | 2013-06-20 10:35 | バッグ
東京はすっかり梅雨らしく、革にとっては点滴の高温多湿の季節、真っ只中です。

そんな中、店頭でのフルオーダーのご注文も増えてきました。
有り難い限りですが、ご注文いただいている皆様には、
納期的にお待ちいただく状況が続き、申し訳ないです。

只今よりお受けできるフルオーダーは、
9月中ごろの納品となってしまいますことをどうぞご了承くださいませm(__)m

さて、このところUPできてなかった
オーダーものをいっきにご紹介させて頂きますよ。
今回は店頭でのご注文分をさらりと~。

e0159037_9473273.jpg

ご近所にお住いのN様より革からのご注文を頂きました。
届いた革からイメージされたショルダーバッグは、
カラシ色がアクセントのショルダーがポイントです。
e0159037_9511593.jpg

本体のマチから底にかけて持ち手を収納して調節することで、
ショルダーにもクラッチ風にもなるので、用途によって使い分けができますね。

e0159037_9494321.jpg

吟面(表地)と床面(裏地)を切り返して使うことで、
藤色の革がより優しい表情の仕上がりに。


次はご実家がすぐ近くというT様からのオーダーは、
犬の散歩用にサッと携帯と鍵が収納できる
ウエストポーチ兼ポシェットです。
e0159037_9553920.jpg

朝の散歩は、ラフな格好が多いもの。
その時によってデニムのベルト通しにひっかけられたり、
ベルトそのものに通したり、
それでもない格好の時には、取り外し可能な革紐のショルダーで
ポシェットにしてみたりと用途多彩です。

「イメージは、優しいカラーで!」ただそれだけのご希望でしたので、
形や仕様などはすべてお任せいただき制作させて頂きました。

そして、最近人気の“紙袋のような革袋”の薄手の豚革で作った
どでかトート。

こちらをご注文されたのは、地元商店街でブティックの店長をされているI様。

サイズ、持ち手の幅や外ポケットなどのデザインや革やステッチのカラーまで
細部にわたってイメージをはっきりとお持ちでしたので、とても制作がスムーズでした。
e0159037_103757.jpg


45mmという幅広の持ち手は初挑戦ですが、
なかなかのインパクトのある仕上がりとなりました。

根気よくお待ちいただきました皆様、
さりげなく自分らしさを表現してくれるバッグとともに
素敵な毎日になりますように。

ご縁を有難うございました。
[PR]
# by consense | 2013-06-20 10:10 | バッグ