いとしの革小物たち ハンドメイド レザークラフト Aster*isk


by 革り小物 Aster*isk
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

相反する二つのバッグをオーダーされたのは、かねてからリピーターのN様。

一つはエメラルドグリーンに紺色が重なったような渋い色の牛革のミニボストン。
シンプルでありながら、アクセントにイエローのステッチとファスナーが刺し色となって
なんとも個性的な仕上がりに。
e0159037_1461857.jpg

e0159037_1471960.jpg


二つ目は優しい藤色の牛革を端革のガタガタ使いと吟面と裏面の両面を本体に使うことで
切り替えしのデザインに。
e0159037_14954100.jpg


肩から提げるタイプのトートですが、開口部分が三角になったエッジの効いたデザインです。
見た目がタンクトップっぽいので、タンクトートでも名付けてみようかなと。
e0159037_15155100.jpg


遠方からわざわざお越し頂き、きっと来る前はミニボストンだけのつもりだったようですが、
『これだー!!』と思ったらまっすぐ突き進むような依頼人様w
途中で出会った布バッグを持ってきて
『これと同じような感じで、革のバッグを!』と決断の速さときたら男前過ぎます(笑)

とにかくご要望をお聴きしたら嵐のように過ぎ去ってしまったので、
大丈夫なのかと思いつつも…。

クリスマスギフトの時期と重なり、なんとか年内ギリギリの納品になってしまいました。

でも心配した通りというか、インタビューで聞き漏らしたところがあったりで。
出来上がりは、依頼人様らしさが溢れるピッタリのものになった気がしたので、
なんとか納得頂けたかもしれませんが、
依頼人様が大満足でなければ私としては反省点を残すばかりです。

オーダーメイドの難しさも痛感。
ともあれオーダー頂き有難うございました!(^_-)
[PR]
by consense | 2013-12-31 10:15 | バッグ

コラボ商品が話題です!

はぁー、またもや企みが形になってしまいました。
新しいコラボ商品が今、密かに話題を呼んでいます。

ムシメセンさんの日本の虫シリーズたちと
革り小物の人気商品の“紙袋のような革袋”が
合体した『ムシブクロ』
e0159037_313257.jpg


虫の目線で虫の魅力を伝えているアートディレクターのムシメセンさんとの
コラボレーションをすることになったのは、ふとしたきっかけですが、

完成品を見たときの感動と言ったら
ゾクゾク鳥肌ものでしたよ。

革袋からチラリと覗く虫たちよ。
大人の遊び心をくすぐられるような
クールなバッグです。

e0159037_353637.jpg


e0159037_365766.jpg


サイズはS/M/Lで、カラーはナチュラルとブラック。開口部分がフラットなものと
端革のガタガタの折り返しがあるものがあります。
虫はバッタ、ミヤマクワガタ、ナナホシテントウムシ、カブトムシなど。
価格はサイズ、仕様によって変わります。

お互いのオンラインショップとイベント、クラフトワークスコンセンスだけの限定販売です。
[PR]
by consense | 2013-12-31 03:14 | バッグ
新しい車の鍵にぴったりなものがなかなか…ない。
ということで、お造りしましょうとお話を聞いてみたら
鍵じゃないんですね。イマドキのは(笑)

リモコンでした。
e0159037_243265.jpg

キーケースならぬリモコンケース。
なんでも黒派の男性へ。
愛車のキー(リモコン)も革小物でビシッと決めるとカッコよいですよ。

そして、お世話になっているあの方へ。
ネーム入りのキーホルダーです。
e0159037_2433484.jpg


さっとデニムのベルト通しに掛けられるように
真鍮の金具が目を惹きます。
e0159037_2435913.jpg

ちょっとしたものでも自分の名前が入っているととても嬉しいものですよ。

うん、もらってみたいです。

そして最後はベルトのセミオーダー。
e0159037_2454757.jpg

頑張っている自分へのご褒美だそうです。

カービングさえも彼女にかかれば新しく見える。
女性らしさの内面にきらりと光るロックな一面。
憧れの彼女。そんなイメージです。

今回は染色なしの仕上げですからエイジングをたっぷり楽しんでください。
[PR]
by consense | 2013-12-31 02:51 | 小物

made for you なバッグ

何かを創るときには、そこには何かの物語があるんです。
e0159037_223749.jpg

今回のオーダーは、
彼女へのクリスマスギフトにと
バイト代を貯めてやってきた高2男子。

想いのこもった初めてのオーダーメイド。

そうなると私も姿勢を正し、腕まくりするしかないです。ねっ。

初めてといえども
作りたいもののイメージがきちんと固まっていたので
分かり易かったのですが、
知らない人が使うものを作るということには、
何度やってもなかなか慣れないので、そこは依頼人の彼の人柄重視で
製作してみました。

「肩から提げた時に重くないような薄手の革で優しい茶色、
ワンポイントになるようなカラーステッチと内部のポケットは…」などなど。
e0159037_2213675.jpg



一生懸命彼女のことを考えているのがこちらにまで良く伝わりました。
e0159037_2222857.jpg


そんなこんなで、納品当日喜んでバッグを持って帰った
彼らのクリスマスイベントがどうだったかなんて妄想する暇さえもなく
私はサンタさんの工場の小人のようにせっせと次への製作へと取り掛かるのでした。

何かを創るときには、そこには何かの物語があるんですね。
微弱ですが、
そんな小さな物語のお手伝いをさせてもらってるような気がしました。
[PR]
by consense | 2013-12-31 02:26 | バッグ