いとしの革小物たち ハンドメイド レザークラフト Aster*isk


by 革り小物 Aster*isk
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アートフリマでの出会い

今回の秋のアートフリマでは沢山の素敵なもの出会いました。
e0159037_2254414.jpg

シゾーさん のフエルトのミニチュアダックス。
ずばりウチの老犬クールそのもの。

しょこらぷりんさん の落書き刺繍がかわいいスマホケース。

KEYさん のゴムでできた不思議なリング

e0159037_2322295.jpg


キリハリエ Emiさん のキリハリエのしおりとポストカード
思わず癒されてしまうのです。

カンフォツリーの三記さん のフロシキバッグは次回こそ絶対手にしたい逸品なのですが、
いつも時間切れ。
(出展情報:にちようマルシェ10月14日(日)11:00~15:00 場所:市ヶ谷・日本ヴォーグ社)

ゆっくりお話出来なかったのが残念でしたが、同じ革小物のしほさん
(出展情報:「しほとえりっぺの二人展」10月6日(土)~10月12日(金)13:00~19:00
下北沢・DIAMOND HERO)

二日目の出店には、私の作品を置かせてもらっているカフェ錘さんで
ニットカフェをされている NUKUNUKUさん のブースは色とりどりの手紬ぎ糸で圧巻でした。

そしてカトラリ鳥 のリングとブックマーカーをゲット。
このぐるぐるしたデザインから目が離せないのです。
e0159037_23142767.jpg


最後に何ともいえない手仕事のぬくもりを感じる木の小物達。
クルミの木のトレーとバターナイフを
衝動買いしてしまいました。
BIKAKU FURNITUREさん。
e0159037_23135378.jpg


四角い木のゴミ箱近いうちに衝動買いしそうです。
[PR]
by consense | 2012-09-23 23:17 | その他

実り多きアートフリマ

秋分の日を境に深まる秋とよくききますが、
今年の暑さが長引いて
秋の気配をやっと感じた土曜日の朝。

“せたがやアートフリマ”のイベントで
私は秋らしさを満喫してきましたよ。
e0159037_20373231.jpg

↑今回(vol.18)のちらしには、革り小物の写真も掲載されてます。

そして今回は初のフルブースでの参加。
前日まで制作・準備に追われていて
当日の朝も寝坊という失態のままでの会場入りでした。

何組か仲良くさせてもらっている作家さんたちも
他のブースにて参加しているので、
皆さんに会える楽しみもあり、とても心強かったのです。

よっしゃーーーーー!!!(気合だけは人一倍でw)
e0159037_20424450.jpg


開場とともに客足は途切れず
先月のワークショップに参加してくれた方や
ギャラリーのオーナーもわざわざ来てくれたり。
e0159037_20452069.jpg


前回のイベントの時も来てくれた方が
「また面白いものありますか?」とか
「友達つれてきましたぁ」なんて言ってくれたり。
お隣のブースの方がお友達にまで宣伝してくれたり。

たまらなく
うれしくなってしまうことばかりでした。

ふと、
少し年上の素敵な男性の方が
ヌメ革のブックカバーを手に取ったまま、
しばらく黙っていたので、

(ん?高い?なんか、まずかったか?と気にしてみて)
こちらから話しかけると

「素敵ですね。」と言って
「やっぱり。こっちの方がしっくりくるよ。」と
ご自分のブックカバーをその場で付け替えてくれたのには、

なんというのか…、
危うく恋の季節になるところでした…。ハッ。

そんなことよりも
セミオーダーが二つの商品に集中したのには
我ながら驚きました。
e0159037_20455270.jpg


なんでしょうか。
何なんでしょうかね。

ギュッと心を掴んだその真相の追及は
また後日にするとして。

しばらくはセミオーダーの制作に励みますよ。

沢山の方との出会いがあっての
自身の成長。

自分がそう思えるうちは
まだまだ成長できるチャンスなのかもしれない。

煮詰まっても、悩んでも、ぶち当たっても
まだまだの自分がいると思えたら
それは感謝。深く感謝なのであります。

思いつきで前日に制作した、くしゃくしゃ豚革のトートバック。
大物でのご依頼も頂けました。
e0159037_20555064.jpg
e0159037_20554378.jpg

(つまり しゃぶしゃぶ的な感じですw)
[PR]
by consense | 2012-09-23 21:06 | イベント・ワークショップ

これもオーダー品

最近のオーダー小物です。

フローリストさん向けシザーケース
Scissor case for cut flowers.
e0159037_0135546.jpg

Dog collar
e0159037_0174242.jpg

Glasses Case
e0159037_019085.jpg


私も欲しいぞ、切り花用ハサミケース。
ウチの犬にも手作りの首輪がまだ作ったことないって。
メガネケース…、持ち歩きたいが…ない。

そういうわけで、
自由なオーダーは本当にありがたいのですが、
ここだけの話、自分用の革小物作りはいつになることやら。

今一番欲しいのは、
新しく買ったカメラのケースとネックストラップが欲しい。

そして今の制作が終わったら
リクエストのバブーシュに挑戦しますよ。
きっと。
[PR]
by consense | 2012-09-04 00:27 | 小物
夏休み前にオーダーメイドのご注文を頂き、やっと納品。

長財布が好きな人
二つ折り派の人
三つ折りが使いやすい人

毎度思いますが、
お財布はその人の性格がよく出ていると
思ってます。

数ある革小物の中で
一番使用頻度が高いのではないでしょうか。

そんなお財布をオーダーメードで新調する!
というのは、作り手としては
なかなかの気合いが入るものです。

今回のご要望は、
機能面は
ファスナータイプでカード収納力重視
札入れ部分も仕切りを取ってマチも充分に。
デザイン性は
カービングを施したちょっぴり個性的なものということでした。
何度か質問してやりとりしてるうちに
最終的には
「好きなようにやってくれればいいから」と。

文章にすると投げやり風に聞こえますが、
長い付き合いの方なので、
私を買ってくれたのかなと、そこはいいように解釈してみました。

e0159037_013154.jpg

イエローの珍しい質感のオイルレザーをアクセントに。
e0159037_015254.jpg

イエローと四葉のクローバーは金運アップも狙っています。
e0159037_022749.jpg
e0159037_025428.jpg

毎回ドキドキしながらの納品ですが、

早速中身を入れ替えてくれたりすると
頭の中で小っちゃい私が小躍りしてます(笑)

「一生ものとして使うからね」と一番うれしいコメントもいただきました。
[PR]
by consense | 2012-09-04 00:08 | 小物