いとしの革小物たち ハンドメイド レザークラフト Aster*isk


by 革り小物 Aster*isk
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2012年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

color of White and Red

心の広さ。
ふところの深さ。

あいまいなことよりも
はっきりとしたものを。
e0159037_1832617.jpg

一点の雲もない
空のように澄みきった
爽やかな白。

そこに導くような赤のステッチ
e0159037_1833643.jpg

そのバッグはまるで彼女そのものような。(期待と願望!?)

…というのは、大げさですが
通常のトートバッグよりも
ひとまわり大きいので、
なんでもかんでも入ります。
e0159037_1834665.jpg


ほら、ビーチボールもこの通り。
e0159037_18305354.jpg

(ふざけたわけではなく、大きさの比較として((笑))

こんな大きなトートバッグを
肩から提げて風をきり、
颯爽と歩く姿は、まぶしすぎて
夏の日差しも負けてしまうでしょう。
(イイ女シリーズエントリーでしょうか)
e0159037_1840423.jpg


(夏はもう飽きましたが、このバッグの為にもう少しだけ
秋がやってくるのを待っていただきたいものです)

素材:牛革(白)t1.8
サイズ:W420×H370×D130
開口部:オープン ボタンフック開閉
内部:裏地なし ポケット二か所
[PR]
by consense | 2012-08-30 18:53 | バッグ

自分で作る革小物講座

夏の日差しが精一杯 肌に突き刺そうとしている
8月の末。

今日は午前と午後の部の二回に分けて
ワークショップを開催しました。

午前の部は、自宅で月に1~2回のペースで
参加してくれている方と。

午後の部は、作品を展示させていただいている
アットホームな雰囲気の珈琲処 錘 様にて。

今回制作するものはこちら~!
e0159037_11493395.jpg


立派な成牛が薄めでパリッと感が珍しい。
赤茶色に染色された
あまり見かけないタイプの革を使用して、
紙袋のような革袋を制作します。
e0159037_1157197.jpg


好きな形の紙袋を型紙として使用し、
折り癖をつけ、糊付け、手縫い…と、
作業手順はシンプルなんですが、
e0159037_11574188.jpg


なかなかの格闘ぶりでした。
e0159037_11585877.jpg

そして、時間オーバーになってしまった方は
申し訳なく、宿題になってしまいましたが、

出来上がったものはこちら。
e0159037_11592136.jpg



ちょっとしたラッピングをしてギフト風にしてみましたよ。
e0159037_1211877.jpg


ここでの緑が揺れる小庭を覗いて、まったりと
こだわりの鉄瓶珈琲と和菓子の
カフェブレイクが何より好きでお勧めです。

e0159037_11361678.jpg


参加していただいた皆様、錘様 ありがとうございました。
[PR]
by consense | 2012-08-28 12:04 | イベント・ワークショップ

お知らせ

9月22日土曜・23日日曜に
三軒茶屋キャロットタワーにて
世田谷アートフリマ開催されます。

革り小物は22(土)の参加です!

今回は初のフルブースですよ。
毎回たくさんの出会いと刺激を頂いてます。
今から楽しみです。
e0159037_13461946.jpg

(写真は前回の様子)

屋内なので、天気の心配もなし。
せたがやじんという四角いゆるキャラもウロウロしてるし、
ここだけグルメもあるのです。

せたがやアートフリマ vol.18

[PR]
by consense | 2012-08-22 13:50 | イベント・ワークショップ
人生の大先輩からのオーダーバッグ…

なんていうとおおげさですが、
今回はそれぐらいのつもりで
敬意を持って制作させていただきました。

婦人会やボランティア、ご趣味のサークル活動と
日々お忙しく活躍されている
依頼者のお母様用にと書類などをいれる
バッグとしてオーダーをいただきました。

ご要望は紫の革でA4大のファイルが入ること。
内部にはアイフォンとキーケースが入るようにとのことでした。
e0159037_23473124.jpg

女性用でご年配ということで
牛革よりも山羊や羊などの柔らかめの革を
探しました。
理想の紫になるように
紫の上から紫でさらに染色。
革の質感を損なわないように
ツヤなし、ムラ感のある染色仕上げにしてみました。
e0159037_23452970.jpg


オイルが十分に抜けたら
コーティング剤と防水処理を。

その先はいつもと違って
薄い革なので、補強に接着芯と裏地を仕立てて
半分ミシン仕立てにしてみました。
e0159037_2348389.jpg


どこかポイントが欲しくて
持ち手とマチの底部分に
からし色のステッチでハンドメイド感を出してみました。

紫×からし色

この配色は依頼者の方のセンスを参考に(ほぼマネですが)

こんなヴィヴィッドなバッグを手にしていただけるだけでも光栄です。
e0159037_23493110.jpg

なんだかまだお会いもしていないのに
すっかり憧れの方になってしまいましたw
[PR]
by consense | 2012-08-07 23:51 | バッグ
数ある革小物を選ぶとき
どこをポイントに選びますか。

e0159037_2394756.jpg


デザイン 機能性 値段
色々ありますが

革小物の魅力は無限大。
革の種類によっても
仕上がりや質感が変わってくる。

薄い革 厚い革

柔らかい革 固い革

牛革 山羊革 羊の革に豚革…
特殊なところでは
爬虫類系や魚系など。

組み合わせるステッチの色や
金具の使い方によっても

染色方法によっても
まったく違う顔に。

だから革小物は奥が深くて
面白いのです。

用途によって機能やデザイン性も
もちろん外せませんよね。

あなたはどんな革小物が好きですか。

革小物は高いというイメージがありますが
理想のものをこだわってお探しの方は
ぜひご相談下さい。

ご相談だけでも喜んで~。
時に難題も多々ありますが(笑)

革り小物では
男女問わずのデザインと
革の素朴さを大切にし

さりげなくあなたらしさを演出する
いとしい脇役として。

量産にはない味わいのある
革小物を目指しています。

そんな革のことを毎日考えている
革バカのワタシですw

e0159037_230588.jpg

[PR]
by consense | 2012-08-07 23:18 | 小物
こんにちは。大地潤す雨でスタートの月曜日ですね。
八月も暑さに負けずにオーダーものの制作と
次の作品展への準備に向けて張り切っていきますよ!
さて、
「自分で作る革小物講座」のご案内です。
e0159037_15163637.jpg

紙袋のような革袋のワークショップ開催します。
8月27日月曜日
時間は午前の部(10時から)と午後の部(14時から)の二回です。
場所は東急田園都市線用賀駅より徒歩3分のカフェ錘

費用は材料費込みで@3000です。

制作したい紙袋を型紙として使用しますので、お好みの紙袋をご用意ください。

場所:世田谷区用賀4-11-20 ザ ガーデンペルセ105
03-6431-0047
地図

事前予約制となっております。
ご質問などお気軽にお問い合わせください。
メールフォームへ
[PR]
by consense | 2012-08-06 15:22 | イベント・ワークショップ