いとしの革小物たち ハンドメイド レザークラフト Aster*isk


by 革り小物 Aster*isk
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

革あそび vol.3

日差しギラギラの今週は、二つのワークショップがありました。
“自分でつくる手作り革小物講座”
自宅を開放して隔週でゆるりとやっております。

そして夏休みの小学生向けワークショップ

“ 革あそび シリーズ ”
今回は革で作る小動物です。
子豚・仔犬・小象の中から一つ選んでもらいます。

革の色々な特性を知ってもらって
革に思いきり親しんでもらうのが目的です。

e0159037_2234116.jpg


革は水で湿らせると
柔らかくなり
好きな形に
成型できます。
乾かすと
成型したまま固くなります。

この形状記憶の特性を活かして
立体造形を体験してもらいます。

作業が始まるとみんな集中して
成型してますが、
仕上げの段階の
顔や耳やしっぽなどの
ちょっとした表情には悪戦苦闘したようです。

e0159037_2271796.jpg

でも出来上がったものをうれしそうに
早速カバンにつけたりして
「楽しかった~」という声も。
e0159037_22165298.jpg


時間が余った子たちには、
好きなスタンピングをして
革紐を通したら、簡単ブレスレットの出来上がり。
金具を使わないし、革紐で長さ調整できるので、
便利です。

そこまで説明したら、
あとは思いのままに自由な創作が始まるのです。

こんな個性的な指輪を作ったオトコの子。
発想に脱帽!!

枠にとらわれない自由な発想というのは
やわらか頭からやってくるのかもね。
e0159037_22155915.jpg
e0159037_22161912.jpg

[PR]
by consense | 2012-07-27 21:53 | イベント・ワークショップ

my favorite 3

e0159037_175214.jpg
e0159037_182134.jpg
e0159037_185934.jpg
e0159037_1102335.jpg
e0159037_1102735.jpg
e0159037_110593.jpg
e0159037_1112957.jpg

[PR]
by consense | 2012-07-21 01:11 | ギャラリー

コラボ作品の楽しみ方

最近 私の中で目覚ましく行動的なのが、
革以外のジャンルの作家さんたちとの交流です。

日々 革に包まれる幸せな毎日ですが、
それだけでは、進歩がないので、

革にプラスアルファして
より楽しいものを産み出してみたいと企んでおりました。

去年のこと。一目ぼれした
キリハリエ Emiさん の作品をカービングさせてもらったのをきっかけに
e0159037_0542943.jpg


ニット作家のNUKUNUKUさんとの
手紬糸と革小物のコラボ作品が完成。
e0159037_122552.jpg

独特の温かみのある糸は使ってしまうのがもったいないくらい。

e0159037_13385.jpg

くるくるっと巻くタイプのペンケース。
ちょっとネイチャーなイメージのウエストバッグ。
優しい色味がファンシーな大きめポーチ。
細長いクラッチバッグは、
押し型の革をあえて床面(裏側)を使用してみました。

どれもテイストの違うものばかりですが、
ニットを組み合わせるだけで、
今までの革り小物の型にはない発見がいっぱいでした。

今も思いつきというかヒラメキで、
真鍮作家さんや扇子職人さんとコラボ作品の企画が
進行中です。

「変わっていっていいんですよ。」とさりげなく言っていた彼の一言が
深いなぁ~と思うわけです。

コラボ作品は、仕事ではないので、
感性だけで進めてしまうことが多いのですが、
よりよい発見が面白かったりするのです。

うん、日々勉強です。
[PR]
by consense | 2012-07-13 10:00 | その他

紙袋のような革袋

今日は、今日こそは、オーダーの小物をガッとやるぞと決めていたのですが、
先日衝動買いした革の半裁が頭によぎったわけです。

思い立ったら吉日!

もう出来上がるまであとには引けません。
集中力全開、喉はカラカラ。
トイレに行きたくてもお腹が減ろうが、
セールスの電話が鳴ろうが、かまうもんですかと…。

まずは型紙。今回は紙袋と言ったらこれ!というサイズの紙袋で。
丁寧に分解して粗裁ちし、パーツを揃えて、貼り付けて。
e0159037_1212943.jpg


もう全部糊付けにしてみるかとも考えたのですが、
そこは用心深く持ち手とマチと底の部分を手縫いで仕上げ
e0159037_1232262.jpg


e0159037_1253481.jpg

あっ、開口部は端のガタガタ健在です。
e0159037_1255993.jpg

e0159037_1262089.jpg


e0159037_1393726.jpg

薄手でパリッと感のある革は、より紙袋っぽく、
革なのに紙袋らしく仕上がるように
マチの折り目部分も底の貼り合わせ部分も完全に紙袋。

使ってるうちに柔らかくなってくるとこんな風に
e0159037_1301935.jpg

クシャクシャにするとそれもまた味わい深くて好きですが、

低温のアイロンでプレスすると
元のパリッとぶ厚めのワックス紙のような質感に戻ります。

いやぁ~、仕上がりが想像通りだったので、
調子に乗って大・中・小とサイズ色々作ってみようかなと。

封筒サイズもアンティーク風でイケるかも。

夜中の妄想会議は続きますよ。
[PR]
by consense | 2012-07-12 01:41 | バッグ
革り小物の定番アイテムの人気者
“スパイラルブレス (Spiral bracelet) ”

ひとり新色発表をしてから
1か月たってしまいましたが、
やっとお披露目できることとなりました。

今までのパープルとチョコを終了として、
新たにチョコとブルーが登場です。

e0159037_17554230.jpg


珈琲豆のように美しく輝くチョコ
e0159037_17565223.jpg


深海の静けさが落ち着いたエメラルドのブルー
e0159037_1758339.jpg


もちろん一番人気のナチュラルはこれまで通り。
チョコブルーナチュラルと同じ線彫り仕様になりました。
e0159037_17594261.jpg


その上、チョコブルーは手染めにてひとつずつ染色しております。
コバ(小口)もしっかり磨きをかけて
うんとゴージャスになりました。
手間ひまかかっております。
e0159037_1824239.jpg


スパイラルブレス…
そのうねりはまるで、自分を中心に絡んでゆく
運命であるかのように。

絡みつくのは自分自身の思い出であったり、
後悔であったり、迷いでもあるかもしれない。

人はどうしても過去へは戻れないのだが、
手さぐりであっても、
一歩 前へ進む為の確かな決意として・・・。

そして未来への希望として。

やさしく、自由に、あなたの手首に。
男性でも女性でも、子どもでも大人でも。

ユニセックスでフリーサイズ。

大事なお知らせ…
※価格変更のご報告※
東日本大震災のチャリティ企画として
ナチュラル@2000、パープル・チョコ@1600で
昨年より販売スタート。売り上げの半分を
支援団体の活動資金用に寄付させていただいてます。

これまでにトータルで約90個を販売させていただきました。

企画に賛同し、またはデザインを気にっていただき
ご購入いただきました皆様、改めてお礼申し上げます。
ありがとうございます。

しかし、これまで通りの価格帯では、
ほとんど利益を見込めず無理があるので、

仕様をグレードアップして、
全色@3000で価格の変更をさせていただきました。

もちろんチャリティ企画は続けていきます。
どうかご理解願います。

引き続き、オンラインショップ、メール、SNS等からもご注文いただけます。
また、商品を置かせてくれるお店も探しております。
展示、販売しても構わないよというオーナー様
どうぞ宜しくお願いします。
[PR]
by consense | 2012-07-04 18:20 | ブレスレット
美容室の新規オープン用に依頼された革小物たちです。

私の愛しの革小物をいつも愛用してくれている
革好きの彼は、お店の内装もこだわり

Slow life Slow hair をコンセプトに
木と革と旅に囲まれた古民家サロンです。
都会の住宅街の中に
庭を眺めながら風を感じる。
自由でゆるい
最高のお店を仕上げてしまったのです。


フロシキバッグのセンスが素敵なCamphor Treeの三記さんにお願いして
作ってもらったロゴ入りプリントのコースター。
e0159037_10295326.jpg


木の皮が乾燥したようなマネートレイ
e0159037_22235130.jpg

風や海水で風化したようなメガネトレイ
e0159037_22242017.jpg

木の実をはいで放っておかれていたような小物入れ
e0159037_22251818.jpg

切りっぱなしの紙切れのようなコースター
e0159037_22262892.jpg


植物性タンニン鞣しのオイルレザーだから表現できる
自然に近い緩やかさで、
この先も変わっていく飴色のエイジングを楽しみながら。
味わいたっぷりです。
e0159037_22273531.jpg


ヌバックの鏡と山羊革(ヤンピ)のティッシュケースも
e0159037_22374328.jpg



そんな彼のサロンはコチラ。
Slow life Slow hair salon -GAKU-
内装写真もたっぷりあります。

ちょっと今までにはないサロンであること間違いないです。



あっ、革り小物 Aster*isk の作品たちもディスプレイさせてもらってます(感謝)
[PR]
by consense | 2012-07-01 10:00 | 小物