いとしの革小物たち ハンドメイド レザークラフト Aster*isk


by 革り小物 Aster*isk
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ボランティアのかたち

去年の大きな震災と原発事故
日本中が気が気でなかった2011年

新しい年に希望をこめて
誰もがそう願う2012年のはじめの月

まだまだ まだまだなのです。
一歩ずつとか前を向いてとか
励ましの言葉を言われても
まだまだそのタイミングでない人も
たくさんいるのです。

気持ちを切り替えることは
そんなに簡単ではありません。

震災後は被災者も支援者も
みんなががむしゃらに
走り抜いた。

なんとかしたくて。

何からすべきか
正解とか間違いとか
そんなこと言ってる場合じゃなかったから。

次第に季節の変化と共に
目には見える部分も変化していった。

春から夏へ
夏から秋へ
東北地方は厳しい寒さの真冬へと

それは現実的な復旧から
復興への問題も含め

異なる立場と
距離感と
ジレンマと
苛立ちや
決して消えない悲しみは

支援する者
される者

少しずつ両者の間に
深い溝と課題が浮き彫りになっていった。

相手の気持ちになったら…
相手の立場になってみたら…

わかっていても
わかりえない
その当事者にならないと
何も言えないのが正しいのかもしれません。

そっとしておこう
知ったようなこと言うのはよそう

でも寄り添いたい
ちからになりたい

忘れたりはしない

ボランティアに携わり
関わってきた人たちは
そう感じている人も多いはず。

あの時現地の様子を
目の当たりにし

現地の方々から沢山の話しを聞いたときから
なんとかしたいと強く思った日から

ここで手を引くわけにはいかないという
葛藤もあるでしょう。

しかし
支援活動にこだわらなくても
変わっていくことが自然であり
そうであるべきだとも思う。

自己満足であってはならないし
実績も名誉も必要ない。

家族や仕事を犠牲にしてまで
無理をしてはいけない。

自分たちだけが盛り上がったり
一方通行であってはとんでもない。

誰のためのものか
何のための活動か

いつも自分自身に問いかけながら
その都度見直しながら

自分にあった
ボランティアのかたちを
じっくり探していこうと思う。
[PR]
by consense | 2012-01-22 00:40 | プライベート

hirari cafe

hirari cafe(ヒラリカフェ)

関東を中心にアロマ講習会などをされている方からのご紹介で
手作り革小物作りの講座をさせていただきました。

今回は一日だけオープンの“hiraricafe”

前日の初雪から気温は上がらないし
小雨が降り続いてる土曜日の朝。
静かな住宅街。

一軒家のレンタルスペースでは
美味しいドリンクにスイーツやランチの用意もされていて
なんだか友人の家に遊びに行ったような
すぐにくつろいでしまえるような
アットホームな雰囲気の中…。

私のほかにもアロママッサージや
メイクやバスソルトなどが体験できる
楽しい講座が。

e0159037_23291478.jpg


ハンドマッサージで癒されてる方や
メイクアップをされてる方の隣で

e0159037_23335486.jpg


好きな文字や模様の刻印を選んで
ガンガン木槌を打ちまくるという・・・。

e0159037_23341344.jpg


楽しみながらまずは打つことに慣れて頂き
いざ本番へストラップとブレスレットが出来上がりました。

いつもそうですが、
練習中の真剣な表情から
本番での集中力。
出来たーーという時の嬉しそうな笑顔が
見られたときが
私の一番嬉しい瞬間。



e0159037_23343670.jpg


親子でおそろいのブレスレットなんて、

なんて、なんてかわいいんでしょうか!!

(ちょっとうらやしいもんです)

今回の講座の主催者の方は震災後に
福島から都内に非難されてきた方に
コスメの支援を個人活動でされていて
その主旨に賛同して
私も友人に呼びかけたり物資としてコスメを
送ったりさせていただいたのがご縁です。

それからのやりとりですが、
やっと初対面となりました。

彼女の行動力にはいつもながら脱帽しっぱなしです。

会いたかった方にもようやく
会えたし。

初めての方にも
いろんなお話も聞けたし。

とても充実の半日でした。
[PR]
by consense | 2012-01-21 23:53 | イベント・ワークショップ

カービングのウオレット

今年初のお仕事は

カービングの長財布です。

ご依頼いただいた方とは年末から
メールや郵便でのやり取りを繰り返し、

ようやく製作がスタートしました。

作り始めてからは早かったのですが、

お任せの長財布は数点作ったことはあるけど、
細部まで明確なデザインをお持ちでしたので、
とてもイメージしやすかったけども

壁も高かった。かなり…。

ご要望のデザインが個性的であるため
カービングを3回
サンプルを1回

ようやく納得のいくものが出来上がりました。

e0159037_2331079.jpg


機能的にはコインケースなしでカードケース多めの
シンプルなものですが、
e0159037_2345730.jpg



ひとつひとつがこだわりをお持ちの方なので
とてもやりがいもありました。
e0159037_2354080.jpg


ご依頼いただいた方は
私にとってはとても大切な方で特別なお客様。

支援関係でご縁があり
知り合ったのですが、

海のように深く広い心をお持ちで
人間的に尊敬できる方なのです。

自分とは正反対の方なんだろうな。

でもきっと気に入っていただける逸品に仕上がりました。
[PR]
by consense | 2012-01-21 23:19 | 小物