いとしの革小物たち ハンドメイド レザークラフト Aster*isk


by 革り小物 Aster*isk
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

出張ワークショップ

始発の電車に乗り、宮城県、石巻の仮設住宅の集会所での出張ワークショップへ。
e0159037_15583627.jpg

小さなお子さんを持つママさんたちを対象に
気軽に集まれる場所とキャリアアップをということで、
普段からいろんな講座を開催されてるそうです。
e0159037_1559209.jpg


今回のワークショップは革紐を四つ組みに編んで作るネックストラップ作り。
初めて挑戦する四つ組みはブレスレットの長さなら早い人で30分。
長くても1時間とみておりましたが、サンプルのネックストラップは実用的ということで
ほぼ全員に近い方がネックストラップの長さに挑戦。
e0159037_1604087.jpg

10名ほどいらっしゃったかと思いますが、
始まるとみんな無言?沈黙?
e0159037_1605780.jpg

黙々とひたすら編むという作業が続きました。
e0159037_1613739.jpg

予定時間をオーバーをしても
集中力が切れかけても(笑)
e0159037_162063.jpg

皆さんの真剣な様子に
久しぶりに伝える難しさを実感しました。
e0159037_1622590.jpg

完成したネックストラップはどれもカラフルで
「肩凝った~。」と言いながらも
とっても気に入っていただけて何よりでした。


e0159037_163147.jpg

行きの新幹線から。福島まではものすごく積もっていた雪も
仙台に入った途端にカラッと晴れていました。
2015.03.12
あの日から4年という節目の日の翌日。
この機会に訪れるというのはどういうことなのか…。
そこはやっぱり自分の目で確かめないと。

去年の節目の日にボランティアでお世話になった方々へ
私は失礼ながらも連絡をしていました。
だけど今年は連絡をすることが出来ずにいました。

変わっていく街の様子。
いつまでも変わらない場所。
変わっていくことに戸惑いを感じつつも歩みだしているそこに住む人たちの様子を
色々教えてもらいました。

東京から新幹線で1時間半で仙台です。そこから1時間ほどで石巻へ行けます。
丁度女川へ連れて行ってもらったのですが、
ようやく仙石線の最終の女川駅の新駅舎が見えました。
e0159037_1611880.jpg

高台には復興住宅が建ち、以前震災直後に訪れた風景はなくなっていました。
e0159037_16121341.jpg


ブログでは伝わりづらいし、書ききれないこともありますが、
ぜひ現地へ行って感じてみて欲しいのです。
e0159037_1613419.jpg
e0159037_16135627.jpg


もちろん大きな被害があったのはここだけではありません。
色んなところを訪れて初めて感じるものがあると思います。
興味本位でだけで行かれるのは困りますが、
直後とそれまでと、今の様子とこれからの変化はものすごく差があると思います。
今はまた違った問題も出てきているのが現実です。

あの頃と同じように悲壮感や正義感をもってボランティア活動する時期でもなく
今の現状の問題と向き合って自分にできることは何なのかを問うて帰路につきました。
[PR]
by consense | 2015-03-23 16:26 | イベント・ワークショップ